コラム

子育ての悩み | スマホ育児の解決策 | うちではこうしたよ

子どもスマホの解決策|上手な利用方法は?

小学生,通信教育,比較

子供が幼児期、うちも正直、ぐずってる時とかスマホを見せちゃってました。
外出時ですよね。
特に電車の中、外食中、何かの発表会場とか、ぐずられて困るところでは、大活躍でしたね。

 

世間でも、「スマホ育児」についてはネガティブな意見が多いので、罪悪感を持つ親御さんもいっぱいいると思います。
ただ、その趣旨はちょっと違って、「子供にスマホ見せて、自分はママ友とおしゃべりかい」といった、ネグレクトの意味合いでの批判が相当あるんだと思います。

 

子供自身への悪影響としても、視力の低下や依存症など、ご心配されると思います。

 

 ただ、ママ友との情報交換や、自分のストレス発散の時間も大切だと思います。
自宅でも、料理中や、お子さんが複数の場合、下の子のトイレとか、 ちょっと自分から注意をそらしたい時ってありますもんね。

 

うちは、子供が3人なんですね。
それが理由になるかどうかわかりませんが 、パパでもママでも、一人で面倒を見るのは大変なことです。

 

しょうがないと思います。
そもそもスマホがあるんです。私達の子供の時には無かったものが、今はあるんです。
許容しましょう。
ただ活用の仕方は、工夫できるのではないかと思います。

 

そこでこの記事では、育児の経験から、うちが行っていたスマホの利用方法について 、ご紹介したいと思います。

 


スマホで動画を見る決まり事

  1. 1つは、利用時間の ことが心配になりますよね。
  2.  

    うちでは、「見ていい時間は30分」を約束事として習慣化しました。
    一旦切るんですね。

     

    当たり前のことですが、何分見せたか、それだけは把握するようにしました。

     

     

     

  3. 2つめは、見せる動画の内容についてです。

 

スマホ動画を、知育玩具の一種として、又、実遊びへの移行、補完を目指して位置づければいいんじゃないでしょうか。

 

うちでは、YouTube から検索して見せるのではなく、各サイトから、もしくは公式チャンネルから YouTube 動画を見せました。
見終わったら、もう一度、サイトに戻ってから、次の番組を見ます。

 

何が違うかって言うと、まず、始めに、 YouTube から見ると、私が普段見てる「お笑いや、スポーツ番組」が、 YouTube からご提案されてしまいますよね。
別に、お笑いやスポーツ番組が有害という理由ではないですけど、広告なども大人向けの広告が出てきてしまうと思います。
また、カテゴリー分けされていないので、 実際に再生するまで、どんな動画なのか分からないと思います。

 

次に、具体的によく見たサイトを紹介しますね。

 

 

プラレールやリカちゃん動画は、子育てを楽にする

 

プラレールやリカちゃんの動画は、ループで見てくれます。
そして大事なことは、実物のおもちゃを手にとって遊ぶようになります。
つまり、二次元と三次元の融合というんでしょうか。

 

プラレールやリカちゃんって、静のものですよね。
組み立て方を工夫したり、遊び方を考えだして、想像力を掻き立てて、動のものにしてくれます。

 

うちの末っ子長男は、プラレールにはまりました。

 

電車の名前は、すぐ覚えます。
毎日部屋中、プラレールのコースだらけになりました。
一度は、食卓テーブルの真下、テーブルの脚と 椅子の脚の間をくぐって、コースが作られてました。
夕飯前でしたが、バラすのが惜しいぐらい、いい出来でした。

 

 

余談ですが、私が、個人的にすごいと思った動画は、プラレールコースが野外に作られていて、 電車目線でも、映像が撮られていました。
世界が広がると言うか、想像力を掻き立てられました。
遊び方って無限なんですね。

しまじろうクラブ動画は、子育てを楽にする

小学生,通信教育,比較

しまじろうは、ご存知、ベネッセの【こどもちゃれんじ】
のキャラクターです。

 

うちは、長女、次女がハマりました。
しまじろうのパペット人形をどこへでも連れて行きました。
個別記事があります。そちらもご覧ください。

 

しまじろうのおかげで、ホント、子育てが楽になりました。

 

現在高1の長女の幼少時は、まだスマホが一般的ではありませんでした。
ですので、家テレビで、こどもちゃれんじの DVD と12ちゃんねるで放送されている「しまじろうのわお」の録画は擦り切れるほど見ました。
「しまじろうのわお」っていうのは、家族や友人を大切にしよう、困った人?(人じゃないか)がいたら助けよう、約束は守ろう、とかがテーマのアニメです。

 

しまじろうクラブのコンテンツは、ほとんどが無料です。
【こどもちゃれんじ】を受講すれば、
・受講中の教材で、届いているDVD映像の一部を、外出先でも見る事が出来ます。
・「しまじろうのわお」アニメ見放題です。
・しまじろうコンサート、英語コンサート 、しまじろうプレイパーク(出張)情報
などが見れたりします。

 

 

ですが、受講しなくても、ほとんどのコンテンツは無料で視聴できちゃいます。
受講している方でも、アクセスした事が無い人って結構多いと思いますので、以下詳しくご紹介します。

 

対象年齢も0歳から6歳までで、歯みがきや、トイレ、片付けの仕方などの習慣が身につくようなコンテンツもあります。

 

ジャンルは以下の様になってます。

ジャンル 目的
ことば 親と一緒に考え答えるクイズ形式。 親子のやり取りで言葉を増やすことから始まり、カタカナひらがなの読み書き読解力まで言葉の基礎を作ります。
数・形 大きさかたち、量などの概念に触れることから始まり、楽しみながら数量感覚、図形感覚、規則性を育んでいきます。
自然科学 なんだろう?の興味から始まり、ものの特徴に気付き、仮説・検証しながら自分で考える力を育んでいきます。
生活習慣 トイレ、歯磨きなど、毎日の習慣 から自ら学ぶ習慣など、小学校入学に必要な準備まで、生活の基礎となる土台を作ります。
ルールマナー 小さな子に優しくする。お友達と遊ぶ。集団生活。交通安全など。
アート・ リズム はさみやクレヨンなどの道具を使ったり、音楽で踊って歌ったり、アートリズムを自分で表現する力を育んできます。
英語 歌やダンス、日常で使うフレーズなどを通して、楽しみながら英語を聞く力、理解する力を育んでいきます。

 

遊び方は、4通り。

  • ゲーム
  • 動画
  • 塗り絵
  • ワーク

 

ある一定時間視聴すると、「そろそろおしまいにしよう!またこんどね」ってアナウンス画面が教えてくれます。

 


しまじろうクラブは歌やダンスの他に、育児相談も出来るよ

「育児ペディア」っていいます。
投稿すると、閲覧に来た他の親御さんが答えてくれます。

 

例えば、こんな質問。

 

Q1.おっぱいミルクいつどうやって止めるの?
Q2.お片付けさせるコツありますか?
Q3.簡単朝ごはん教えて?
Q4.この子を産んで良かったと思う瞬間 を教えて?

 

シリアスなのもあります。

 

その他のコンテンツはこんな感じです。

 

  • メルマガの登録 。 今月はしまじろうは何をしているのか?しまじろうからの手紙が届いたり、親子で遊びたいゲームや動画が届きます。
  • しまじろう公式ショップもあります。かなりの数のグッズが売られています。
  • コンサートや映画などの最新情報が分かります。
  • 各種プレゼントキャンペーン情報など。


スマホで、「パパはゲーム、ママはLINE」。は子どもも見てるよ

「スマホ依存」についてです。

 

現在、高1、中2、小4の子供がいます。

 

記事でも触れましたが、高1の娘には、幼少時、いわゆる「スマホ育児」はしておりません。
でも、今現在、一番スマホをいじくっているのは、この高1の娘です。

 

 

<まとめ>
・スマホ動画を見る時間は、約束事として決めよう
・見るコンテンツは厳選して、実遊びに昇華出来るコンテンツを選ぼう

 

 

 

最後に、親自身のスマホ時間も少なめに。